無添加化粧水で害なくトラブル解決〜無添加で無トラブル〜

女

肌トラブルが起きにくい

女性

無添加と完全無添加の違い

肌に優しいイメージがある無添加化粧品ですが、日本には明確な決まりがないため、化粧品の種類によっては肌に刺激を与える成分が入っている場合があります。単に肌にアレルギーなどの危険がある旧表示指定成分のみ入っていないものを、無添加化粧品としている場合も多いです。その点、完全無添加化粧品は旧表示指定成分以外にも、石油由来の人工的な成分が含まれていない化粧品を指しています。そのため、肌トラブルを起こす危険性が低く、敏感肌の方でも安心して使用できるという安全性の高さが魅力です。天然由来の自然な成分で作られている完全無添加化粧品は、化学物質が含まれていない化粧品で原材料の安全性にも気を配られていますから、肌への刺激が少ないというメリットがあります。

肌トラブルを避けるために

20代の頃はどんな化粧品を使っていても肌がすぐに回復してくれますが、年齢と共にそうはいかなくなってきます。肌の機能が全般的に低下してきて、バリア機能も弱まってきます。そのため、化粧品に含まれている化学物質などが肌に刺激を与えてしまって、乾燥や大人ニキビ、くすみなどの肌トラブルの元となる場合があります。そんな揺らぎ肌が気になる年代からは、安全性の高い完全無添加化粧品を使いましょう。完全無添加化粧品は石油由来の成分が省かれていますから、肌のバリア機能を損なうことなく肌を健やかに整えてくれます。肌トラブルの原因を避けることができますから、肌の回復を助けてくれて肌本来の機能を高めながら、回復や再生を促してくれてターンオーバーの活性化に役立ちます。